企業法務と資格

企業法務というのは企業の規模に関わらず、なくてはならない業務の一つです。
中小企業では総務部などが法務を兼務することがありますが、大きな企業では独立した部署として法務部があります。
契約書類の作成や外部に出すポスターやホームページ、パンフレットなどの全てに目を通し審査をするなど、業務は細かく慎重さが求められます。
目的は、企業のリスクを回避する事にあり、極めて重要な役割を担っているのです。
法務というからには、法律に造詣が深くなければ務まりません。
そのため、資格はあった方が就職には有利であることは間違いありません。

企業法務で働くにあたり、有利となる資格があります。
まず一つは弁護士の資格です。
司法試験の難関を突破した人材を求める企業は多く、就職には必須の資格と言えるかもしれません。
次に司法書士の資格が有利となりますが、弁護士に比べて権限が少ない資格ではありますが、司法試験に合格しなければ取得できない資格であることから、高く評価されます。
さらにはビジネス実務法務検定というものがありますが、主にコンプライアンスに関わる業務に必要な資格です。

資格というのは、業務をこなすにあたり必ずしも必要というわけではなく、人材のレベルを客観的に判断する材料でしかありません。
企業が新入社員を一から教育する場合にはこの様な資格は必要としない可能性もありますが、中途採用の場合資格取得者を優遇するケースもあります。
このサイトでは企業法務の業務の種類やそのために必要な知識などについてご紹介し、資格の有用性についての一考察となれば幸いです。

Copyright © 2014 企業法務って資格なの? All Rights Reserved.